メイクやヘアメイクに工夫をしてマタニティフォトを綺麗に撮影

綺麗な写真を残すテク

妊婦

独特な美が撮影できる

以前は「お腹が大きい姿を残すなんて恥ずかしい」という人も多かったですが、マタニティフォトはありのままの姿を撮影しましょう。そのままの姿が人間は美しいという気付きが、この撮影を通して得られるので良い機会です。

綺麗な姿を残したい

ありのままを撮影するといっても、やはり写真に映えるメイクをしたいものです。
メイクをすれば肌に当たる光が滑らかになるので、室内での撮影がしやすくなるという点もあります。写真用のメイクはプロに任せることができるので、メイクのプランも検討しましょう。

妊婦特有の肌質

妊婦になると普通の人よりも肌質が変わってしまうことがあります。
肌が荒れると精神的にもまいってしまうので、撮影スタジオを選ぶときは妊婦専門のメイクをしてくれるようなところを選ぶようにしましょう。

スタジオでメイクをするときの疑問大特集!

撮影時特有のメイクってどんなもの?

日常的に施すメイクが撮影でも同じような効果を発揮するとは限りません。しかも写真はずっと残るものなので、あまり流行りのメイクはしない傾向にあります。マタニティフォトではナチュラルメイクが主流となっています。

メイク道具にも工夫があるんですか?

妊婦さんは肌が敏感になっているので、コスメにはアルコール成分があまり強くないものを使用することが多いです。チークやアイシャドウを施すメイク道具でも、肌に特別優しいものを使用しているスタジオもあります。

写真に残すので目を大きく見せたいです

顔の造作で目が小さい人は写真撮影のときはアイメイクを施したいと思うでしょう。ナチュラルメイクが基本のマタニティフォトであれば、アイシャドウをあまり濃くしないで、ブラウン系の色で立体感を出します。

なぜナチュラルメイクにするんですか?

ナチュラルメイクにする理由としては時代の流行に流されないためというのが一つと、もう一つは妊婦さんは肌が美しくなるため、そのままの状態を見せたいからです。ベースメイクではクマやにきびをカバーするのみに心がけます。

どんな色調を基本に施しているのでしょう

写真撮影やメイクをするスタジオにもよりますが、基本的には日本人に合うような色味で自然に見える色合いでメイクは施されます。特に黄味がかったピンクはとても被写体の顔を美しく見せてくれるので有効です。

広告募集中